平塚市社会福祉協議会

在宅福祉サービスセンター平塚栗原ホーム

施設概要

設置主体

平塚市

運営主体

指定管理者:平塚栗原ホーム管理運営共同事業体
構成:社会福祉法人平塚市社会福祉協議会、平塚市ビルメンテナンス業協同組合
指定期間:平成28年4月1日から平成33年3月31日まで

所在地

〒254-0046
神奈川県平塚市立野町31番20号
電話:0463-35-6060

施設案内

平塚栗原ホームはこの土地に住んでいた栗原テツさんの遺言で、福祉のために土地を活用してほしいということから、平塚市に土地が寄附され平成3年に建設されました。在宅福祉サービスセンターという役割からデイサービス、ホームヘルプサービスを中心に事業を始めました。今日では福祉を取り巻く環境が変化し、介護保険法や障害者総合支援法に基づくサービス提供を実施するとともに、権利擁護事業などの性格を持ったセンターを併設したものとなっています。

栗原ホームパンフレット(PDF 718KB)

介護保険事業

居宅介護支援事業

障がい福祉サービス事業

指定特定相談、生活介護事業、自立訓練(機能訓練)事業、居宅介護・重度訪問介護(ホームヘルプ)

ホームヘルプサービス事業(自主事業)

生活支援が必要な方に対して、ホームヘルパーを派遣し、介護及び家事援助を行います。

その他平塚栗原ホーム内に併設されているもの

平塚市成年後見利用支援センター、高齢者よろず相談センターゆりのき(=地域包括支援センター)、ひらつかあんしんセンター

会議室の貸出

市内に居住する高齢者、障がい者及びその家族、市内の福祉団体及び福祉関係者を対象に、会議室等を貸し出します。研修等にご活用ください。利用日の2か月前から予約を承ります。

平成28年4月平塚栗原ホームで障がいサービスが始まりました

平塚栗原ホームでは、高齢者や障がい者の皆様のために使ってほしいと土地を寄付された故栗原テツ様の遺志を継いで、地域でお住まいの障がい者の社会参加・生活の質の向上のため、これまで培ってきた介護保険の経験を活かして、平成28年4月より新たに障がいサービスが開始されました。

平塚市社会福祉協議会の基本理念である「誰もが安心して暮らせる福祉のまちづくり」に基づき、障がいがあっても住み慣れた地域で安心して暮らせるように自宅で生活する身体・知的・精神障がい者の皆様の日常生活を支援する「訪問介護」に加え、「相談支援事業所」「生活介護」「自立訓練(機能訓練)」が新たに始まりました。

「障がい福祉サービスと介護保険サービスの橋渡しの事業所」

★障がい児者「相談支援事業所くりはら」 35-3222

★介護保険 居宅介護支援事業所「平塚栗原ホーム」 35ー6060

☆障がいのある方や高齢者が、身近な地域での生活を送れるようにするため、サービスの利用の有無に関わらず相談をお受けします。


★「相談支援事業所くりはら」と介護保険の「平塚栗原ホーム」が同一事業所の意味は?

①ご利用者様が高齢になった時に障がい福祉サービスから介護保険のサービスにスムーズに移行できるようにサポートします。
②障がい福祉サービスと介護保険双方を利用される方が有効にサービスを利用できるようにします。
③ご利用者様のご家族で介護保険の対象者である時は家族全体での相談に応じることができます。
開所日:月曜日~金曜日  8:30ー17:00

社会参加のための「生活介護」です!」 35-3222

☆常に介護を必要とする障がいのある方に、入浴・排泄・食事等の日常生活上の支援、創造的活動、生産活動の提供等を介護福祉師などの専門職員が行います。

○開所曜日:月曜日~土曜日(日曜・祝日・12/29~1/3を除く)

○延長利用(事前申し込み):16:00~18:00

○利用者負担:収入によって負担金をいただきます。
 (利用料・食事・入浴・活動材料費 等)

状態の応じて選べるお風呂!!

☆状態に応じて5つのお風呂が選べます。

 ①:寝たまま入れる特殊浴槽
 ②:椅子に座った状態で入れるリフト浴
 ③:リクライニングできるリフト浴
 ④:歩いて入る一般浴
 ⑤:個浴

社会に参加するための自立訓練(機能訓練)35-3222

障がいのある方が自分らしい生活を再構築するための支援を行います。

一定の利用期間の中で「今後どのような生活をしたいのか」を一緒に考え、その実現に向けて作業療法士等の専門職員を中心に個別プログラムを作成し通所・訪問にて訓練のお手伝いをします。


○機能訓練:身体に障がいのある方

開所曜日:月曜日~土曜日  (日曜・祝日:12/29~1/3を除く)

利用時間:9:30~16:00

利用者負担:収入によって負担金をいただきます。
(利用料・食事・入浴・活動材料費 等)

※障がいサービスは介護サービスとの併用が可能です。

在宅での生活を支援するヘルパー(居宅介護)35-3222

 居宅介護
   入浴・排泄・食事の介護等、居宅での生活全般にわたる援助サービスです。

 重度訪問介護
   居宅における介護から外出時の移動支援までを行う、総合的なサービスです。

開所曜日: 日曜日~土曜日(祝日・12/29から1/3を除く)

利用時間: 7:00~22:00

利用者負担:収入によって負担金がかかる場合があります。